県本部 Home > 県本部PostHome > 2011.1.29 街頭演説

2011.1.29 街頭演説

本日は、雪の降る中、坂井市ショッピングセンター・ami付近にて街頭演説を行いました。



~北野幹事長より~



本来は憲法改正を行い、自分の国は自分で守るという体制をつくるべきでありますが、
民主党が多数を占める国会では非常にハードルが高い為、
現実的な対応として憲法前文にある
『平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した』
という前提が通用しない国家に対しては、憲法9条の適用を除外すべきという提案を行いました。
日本人、韓国人等を多数拉致したり、韓国の延坪島を砲撃した北朝鮮、
チベットや東トルキスタンを侵略し、ノーベル賞を受賞した劉暁波氏を犯罪者とする中国、
こういった国々が平和を愛する国家ではないことはあきらかです。
これらの国々に対しては憲法9条の適用を除外して、
国民の生命・安全・財産を守る事が大事ではないでしょうか。

今後も様々な機会をとらえて訴えていきます。
応援宜しくお願い致します。


車内から手を振ってくださった皆様、チラシを受け取ってくださった方々、本当にありがとうございました。



また2月11日に福井駅西武前付近で街頭演説を行います。
詳しい内容につきましては後日ご連絡致します。


本日は雪の中、本当にありがとうございました。


コメントをお願いします

You must be logged in to post a comment.

.
最近のコメント
    アーカイブ